ほぼ日の學校

ニュースレターに登録ニュースレターに登録する
device

ほぼ日の學校
アプリで新しく開校します

人から人へ伝わるもの
人から人が学ぶもの

人の経験人の感動人の知恵
人の好奇心人の失敗まで
とにかく人が主役で人がメディア

※新しいアプリは現在準備中です。
開校まで、もうしばらくお待ちください。
ほんとは、學ぶはおもしろい。

ほんとは学ぶはおもしろい

遊ぶがおもしろいように
ほんとは学ぶはおもしろい
好きなことを学ぶ
おもしろそうなことをおもしろがる
これはこどもにとっても
大人にとっても
素晴らしいおたのしみです
映画や演劇やスポーツ観戦のように
学ぶはエンターテインメントです

ほぼ日の學校は、広大な「知の群島」です。

ほぼ日の學校は
広大な知の群島です

コンテンツが知恵が
さまざまなおたのしみの島に集まる
そしてその島が群がっているのです
図書館分類や学問の分類など
これまでの教育や制度の枠組みにとらわれない
やわらかな学びの航海をしましょう
ひとつひとつの島はなんでもありの世界
一風変わった人も難解すぎる人もいてもいいし
とんでもないことを教わるかもしれませんよ

山道を4時間歩いて、學校に通うこどもたちがいます。

山道を4時間歩いて
学校に通うこどもたちがいます

ネパールのYouMeスクール
この国出身のシャラドライという青年が
個人でつくりはじめた学校です
最初の資金は25万円だったということです
じぶんも学びたかったし
山村のこどもたちもみんな学びたい」。
学ぶ場をつくるということの原点が
ここにあるように思います
ほぼ日の學校、「YouMeSchool
たがいに最初の姉妹校になりました

學ぶは、むつかしくない。

学ぶはむつかしくない

作家劇作家の井上ひさしさんは
むずかしいことをやさしくやさしいことをふかく
ふかいことをおもしろくおもしろいことをまじめに
まじめなことをゆかいにそして
ゆかいなことはあくまでもゆかいにと言いました
ほぼ日の學校ならきっとできるはずです

だれが生徒か先生か。

先生でない先生が
集まっています

ほぼ日の學校では
えらい人が先生をしてくれてもかまいません
いつも先生をやっている人も先生をしてくれます
でもできるだけえらくない人だとか
先生なんてしたことないよという人たちに
たくさんお声がけをしています
そのほうがいままでにない学校
ほぼ日の學校になると思ってます

門前の小僧、習わぬ経を読む。門前の小僧、習わぬ経を読む。

門前の小僧は
習わぬお経を読むか?

いつのまにか身についている
これは理想の習いごとだと思うのです
ほぼ日の學校あらゆる場所を学問の門前
老若男女あらゆる人を学をたのしむ小僧さんにします
よき入門者がたくさん増えていくと
いい交流と理解も広がると思うのです
ほぼ日の學校ライブとアプリを組み合わせた
ネットワークを編み上げていきます

人に会うこと、人の話を聞くこと。

人に会うこと
人の話を聴くこと
そういう機会が減ってませんか

そしてそれと本を読むこと
身についた学びというのは
まず人に会うことからはじまります
人の経験人の思索
人の感動人の知恵人の失敗
ふだんの生活の中で会えない人の話も
ほぼ日の學校で見聴きできます
だれに会いたいのか
どんな話を聴きたいのか
みなさんからのリクエストも募っていきます

おばけにゃ学校も、試験もなんにもない。

資格もないし単位も
試験もない
2歳から200歳までの
みんなの學校

入学の資格も必要ないですし
ここで学んでもなにかの資格もとれません
もちろん試験や順位なんかあるわけない
義務教育とか高校や大学とか専門学校とかを
否定しているわけじゃないのですが
みんなが学ぶ」「好きで学ぶ
ほぼ日の學校がやっていきたいことです

もし、聖徳太子さんや親鸞さんの時代に、「ほぼ日の学校」があったとしたら?もし、聖徳太子さんや親鸞さんの時代に、「ほぼ日の学校」があったとしたら?

もし聖徳太子さんやら
親鸞さんの時代やらに
ほぼ日の學校があったとしたら
みんな登場してもらいたかった

もしずっと昔にほぼ日の學校のネットワークが実現していたら
ピラミッドの設計者もイエスの十二使徒もライト兄弟も
源頼朝も勝海舟も小林一三も…
あらゆる人のお話が記録映像になっていたと思うのです
しかしそんな映像は実際には存在しませんあったら観たい!)。
あらためて21世紀のいまから
時代の人と話の巨大なアーカイブづくりをスタートさせます

キャッチボールを、あの選手に教えてもらおう。キャッチボールを、あの選手に教えてもらおう。

キャッチボールを
あの選手に教えてもらおう

たとえばプロ野球の選手だった人が教えてくれるキャッチボールは
まさしく身体を使ってのコミュニケーション論です
強くなる上手くなるためのスポーツばかりでなく
身体と心のまるごとでたのしむスポーツも
ほぼ日の學校のプログラムとして発展させていきます
おかあさんおとうさんどうぞスマホとボールをご用意ください

ごくごくのむ古典。

ごくごくのむ古典。」から
ほぼ日の学校ははじまった

ほぼ日の学校
99人という小ぢんまりした教室での
ライブ授業として
2018年にスタートしています
最初のシリーズ講座のテーマはシェイクスピア」。
シェイクスピアの世界を
渇いたのどで味わうように
ごくごくのもうというコンセプトが
とてもいい場をつくってくれました
はじまりがここからだったということが
この學校の芯になる思いとヴィジョン
決めてくれました

市場があるのに、なかった学校。

市場があるのになかった学校

そんな学校なら行くよ
そんなの学校じゃないよ
だけどそんな学校はないよ
などと言われそうです
だれでも興味のある先生や先輩や
憧れの人の話なら
おおよろこびで聞きたがったはずです
それこそが学びであり
エンターテインメントです
おもしろい学校もともと
ほんとうは求められています
ビジネス的に言っても
市場はもう創造されかけています

ネットワークはリアルでもつながっていく。

ネットワークは
リアルでもつながっていきます

スマートフォンで観た授業について
リアルの場で集まって話し合ってみたい
そんな希望もたくさん届いています
ほぼ日の學校読書会や勉強会交流会など
サロンとしてもネットワークされていきます
神田ポートビルのスタジオは
そういう使われ方もします

餅は餅屋に。企業に隠れている経験を学べ

餅は餅屋から学べる
企業に隠れている経験や
物語を聞こう

世界に無数にある企業や仕事の現場には
それぞれにまた無数の知恵やら秘訣があります
販売のベテラン開発の達人伝説の経営者の話
社会活動の場にもいろんな物語があります
現場を経験してきた人たちの話を
少しずつ分けてもらいましょう
この領域の授業は、「人に会うの基本です

家の仕事は、科学で愛情?何歳からでも学べる家事全般。

家の仕事は科学で愛情
何歳からでも学べる家事百般

華道や茶道などのいわゆるお稽古ごと
そして家事という名で
ひとくくりにされている
無数の生活の知の集積
すべて学びの対象になる
暮らしの文化です
ほぼ日の學校では
こういう領域も学びます

おいしいとか、グルメとか、料理とか、そういうことぜんぶ、もっと知りたい。

おいしいもののこと
グルメとか料理とか
そういうことぜんぶ
もっと知りたい

一流のシェフ板前さん
ラーメン屋さんパティシェ
農家の人たち家庭料理の名人
食べることに関わる人たちの
発見や発明経験たのしみ
どんな話もいくらでも教えてほしい
いまの時代の食文化には
知りたいことがたくさんあるはず

ブロックチェーンを知らないままで。それでもいいとか、困るとか… 。ブロックチェーンを知らないままで。それでもいいとか、困るとか… 。

たとえば、ブロックチェーンを知らないままで
それでもいいとか困るとか…

なにかについて知っておいたほうがいいのか
それとも知らないままでもいいのか
そのあたりさえわからないことってありますよね
未来から見た現在未来のじぶんがやっておいてほしかったこと
科学でも経済でもアートでも社会のさまざまな変化について
ほぼ日の學校が入り口になるような場をつくります
新しい考えを聴ける耳を育てましょう

スマートフォンのアプリ上に、新しいフォーマットをつくりました。

スマートフォンのアプリ上に
新しいフォーマットを
つくりました

これがほぼ日の學校のスタイルだ
というフォーマットを開発しています
スマホ上での画面とことばの役割を考え抜いた
なじみやすく便利なデザインです
詳細はあらためてご紹介します

講師が1000人、受講者が100万人。そういう規模感で考えていきます。講師が1000人、受講者が100万人。そういう規模感で考えていきます。

講師が10,000人
受講者が1,000万人
あえてそういう規模感で
考えていきます

大言壮語はしたくないのですが
ニッチな私塾のイメージで展開していく考えはやめます
これまでの学びのイメージを改良するのではなく
ほんとうに2歳から200歳までが集まるような
みんなの學校のおもしろさを追いかけたいのです
これまでほぼ日がやってきたことのなかでも
格段に夢の広がる大舞台を想像しながら
じっくりスタートしています


  • 糸井重里
  • 絵・立体
    廣瀬正木
  • 写真
    幡野 広志3枚目
    有賀傑4枚目
    一般社団法人花巻観光協会5枚目
    さとうしんすけ17枚目
    YUKAI池田晶紀+池ノ谷侑花)(2,7,10,12,13,15,18枚目
  • 出典
    ちいさいおうちバージニアリーバートン 文/石井桃子 訳 岩波書店4枚目
    "The Missing Piece"by Shel Silverstein, HarperCollins Publishers4枚目
    あおくんときいろちゃんレオレオーニ 作/藤田圭雄 訳 至光社4枚目
    井上ひさし伝桐原良光 著 白水社5枚目
    松岡和子さんによるほぼ日の学校 シェイクスピア講座2018の講義11枚目